JA広島総合病院について

ホームJA広島総合病院について院長挨拶

院長挨拶

  • 院長挨拶
  • 病院概要
  • 施設認定・学会認定
  • 沿革
  • 組織図
  • フロアガイド
  • 施設紹介

JA広島総合病院長 藤本 吉範

病院長挨拶

1945年8月6日,広島に原爆が投下,現在の廿日市市である佐伯郡地御前村にあった海軍御用・旭兵器製作所に,広島市内で被爆した多くの人々が重度の火傷を負いながらも,生きのび助けを求め避難してきました。この緊急事態に対処するため,広島県農業会が旭兵器製作所の行員宿舎を買い取り,被爆者を救済する医療施設として農業会病院を設立しました。この救済施設がJA広島総合病院の前身です。JA広島総合病院は,戦争という人類の大きな過ちによって突然生じた悲惨な災害と闘うための救急・災害医療施設として誕生した歴史をもっています。
1947年12月23日,農業会佐伯病院がスタート,当時は4診療科,60床,スタッフ総数20名の小規模な病院でしたが,2017 年4月1日現在,医師135名(研修医19名),看護職員660名,医療技術職員166名,事務職員90名の計1,051名が勤務する広島県西部二次医療圏最大の基幹病院として,廿日市市,大竹市だけでなく広島市佐伯区を含む約28万人の住民の方々に急性期医療から健診,訪問看護にいたる幅広い医療を提供しています。

患者さん中心のチーム医療

当院は「患者さんを中心とした最善のチーム医療」を行っています。「患者さん中心のチーム医療」とは,医師,看護師,薬剤師,臨床検査技師,診療放射線技師,臨床工学技士,管理栄養士,理学療法士,作業療法士,視能訓練士,言語聴覚士,歯科衛生士,社会福祉士,事務職員,すべての病院職員が職種を問わず,お互いに尊敬する気持ちをもち,患者さんを自分自身のもっとも大切な人と思って接する医療です。質の高い,優しいチーム医療は,職員が楽しく働き,ゆとりを持ち,互いに尊敬し合う笑顔の絶えない職場環境から育ちます。

医師会との緊密な病診連携

地元医師会である佐伯地区医師会,大竹市医師会,広島市佐伯区医師会に対する感謝と尊敬の念をもった病診連携も行っています。医師会とのオープンカンファレンスの開催,開放病床,看取り支援も積極的に行っています。高い紹介率と逆紹介率(それぞれ85%,82%)は病診連携がきちんとできていること物語っています。
 市民公開講座は,今まで当院と廿日市が開催していましたが,今年度より佐伯地区医師会も共催団体として新たに加わっていただくことになりました。病院からの視点だけでなくプライマリ医療の目線も加わった身近で有意義な市民公開講座になると思います。
 今春より,当院の中光副院長と藤本地域連携室長が中心となり,地元医師会との病診連携,病病連携をさらに充実させていきたいと思っています。

救急医療の充実

数年前まではJA広島総合病院が位置する広島西二次医療圏には救命救急センターがなく,多くの重症救急患者が広島市内の病院に搬送されていました。しかし,2011年に地域救命救急センターが開設され,年間3,000人以上の救急患者が当センターに搬入されています。当センターでは,指導医,研修医,救急部スタッフが充実した救急医療を提供するとともに院内の各臨床科・各部門が積極的にバックアップする体制が整っています。当センターでの救急医療研修の評価は高く,卒後初期研修医が当院を志望する大きな動機付けとなっています。
 昨年9月9日,吉田センター長は厚労省より救急医療功労者として大臣表彰を授かりました。また,今春より神戸市立医療センター救急部で3年間の武者修行を終えた高場医師が復帰しており,当地域救命救急センターの実力がさらに向上します。

一般診療科における診療の充実と発展

JA広島総合病院では,地域の要望に応えることができる質の高い総合的医療を目指しています。高度医療を行うことは当然ですが,「疾患をみるのではなく,疾患をもつ人をみる」が診療の基本姿勢です。

内科系診療部門

2013年(平成25年)に糖尿病センター,内視鏡センターを開設しました。安楽な内視鏡検査はもちろん上部・下部消化管に発生した早期がんには内視鏡的粘膜下層剥離術という革新的な低侵襲治療を行なっています。一昨年,相坂医師と兵庫医師の2名の肝臓専門医が赴任,全国に先駆けて「NASH 脂肪肝専門外来」を開設しており,肝臓癌に対してはラジオ波焼灼療法を実施しています。がんの専門的治療を行うだけでなく,患者さんやご家族を総合的に支える取り組み「膵がん胆道がん教室」を定期的に開いています。昨年12月,藤本医師の主導下に「第6回膵がんワークショップ」を広島で開催しました。

高齢化とともに呼吸器・循環器疾患は急増しています。医師だけでなく多職種によるチーム医療の推進が重要です。急性期から慢性期の呼吸不全・障害には非侵襲陽圧換気療法による「包括的呼吸ケア」の教育と実践を行なっています。今年から本格化する「心臓いきいきキャラバン」も心不全の重症化予防を目的とする多職種協働プロジェクトです。

外科系診療部門

低侵襲手術が基本的な手術戦略です。腹腔鏡,内視鏡は小さい切開とハイビジョン映像は,患者さんの体にやさしい手術と正確な手術手技を実現します。当院の消化器外科,呼吸器外科,泌尿器科,産婦人科,乳腺外科,整形外科,耳鼻科には,腹腔鏡,胸腔鏡,内視鏡に精通する外科医がそろっています。眼科疾患,脊椎・脊髄疾患,脳腫瘍,脳血管障害に対する顕微鏡手術も精力的に行なわれており,脊椎・脊髄疾患手術件数は全国でもトップレベルです。経皮的手術(切らない手術)として,大動脈瘤ステント手術,脳動脈瘤コイル塞栓術,骨セメントを使う脊柱後弯矯正術 (Balloon Kyphoplasty: BKP) が行なわれています。当院はBKP研修病院に指定されており,すでに100以上の施設より医師が研修に訪れています。

がんの治療

がん診療連携拠点病院として,年間約1,300人のがん患者さんの治療を行っています。がんの治療は早期発見と早期治療が最も大切です。健康管理センターでは,腹部超音波検査,婦人科検診,乳がん検診,CTによる肺がん検診など,がんの早期発見を行っています。外来化学療法治療室では,がん患者さんがこれまでの生活をできるだけ維持しながら有効な治療が受けられるよう,専門スタッフが治療を行っています。放射線治療は,2001年より前立腺がんに対し中国四国地方では最初となる強度変調放射線治療,2009年より肺がん・肝臓がんに対し体幹部定位放射線治療を開始しています。体にやさしい,高精度放射線治療(ピンポイント照射)に力をいれています。2009年9月より「緩和ケア科」を開設し,がん患者さんの身体的・精神的苦痛について,患者さんやご家族の希望に沿いながら,診察,相談に応じています。おしゃべりサロン,膵がん・胆道がん教室など,がんに対する集学的治療だけでなく幅広いチーム医療を行うことができる県下でも数少ない病院です。

廿日市メディカルタウン(仮称)将来構想

2014年10月29日,廿日市市・広島厚生連・JA広島総合病院の間で廿日市市地域医療拠点等整備に関する基本協定調印式が結ばれました。厚生連が所有するJA広島総合病院,医師・看護師官舎用土地と旧イオン廿日市店跡地に「医療と福祉を中心としたまちづくり」を行なうプロジェクトです。
 昨年11月,最初のステップとして,宮島街道を挟んだ病院南側の土地にあった医師官舎,看護師宿舎を取り壊し170台収容可能な駐車場を整備しました。当院へのアクセスの手段として,宮島線電車駅,廿日市さくらバス,自家用車がありますが,自家用車で来院される方のためには500~550台の駐車スペースが毎日必要です。今まで駐車スペースのことでたいへんご不便をおかけしていましたが,これでいっぺんに解決することができました。

JA広島総合病院は,職員一同,患者さんやご家族に喜んでいただける,良質な医療を提供する病院になるよう努力して参ります。みなさまのご協力とご支援を心よりお願い申し上げます。

2017年4月
病院長 藤本吉範

  • 院長挨拶
  • 病院概要
  • 施設認定・学会認定
  • 沿革
  • 組織図
  • フロアガイド
  • 施設紹介
交通案内

JA広島総合病院

〒738-8503
広島県廿日市市地御前1-3-3

TEL (0829)36-3111

FAX (0829)36-5573

アクセスマップ

電車の場合
JR 山陽本線
「宮内串戸駅」を下車。徒歩10分
広電 宮島線
「JA広島病院前」下車。徒歩0分
バスの場合
広電バス
広島総合病院バス停から徒歩0分
廿日市市循環バス
JA広島病院前から徒歩0分
お車の場合
山陽自動車道
「廿日市I.C.」下車