ホーム臨床研修

臨床研修

臨床研修

臨床研修科主任部長あいさつ

当院は、廿日市市や大竹市、広島市佐伯区などを含めた広島県西部最大の基幹病院です。「広島西部地区で日本最良の医療を!」を病院のビジョンとして掲げ、「三つの良かった」(受診して良かった(患者さん視点)、紹介して良かった(紹介病院視点)、働いて良かった(従業員視点))医療を実践しています。

当院の特徴の1つとして地域救命救急センターがあります。広島西二次保健医療圏における二次救急医療に加え、心肺停止、重症脳血管障害、急性心筋梗塞、多発外傷など三次救急医療を担っています。研修医も1年目4月からすぐに熱心な上級医とともに様々な救急患者の診療にあたり、実践的な経験を積むことができます。

また、地域がん診療連携拠点病院として専門的ながん診療や、地域の医療機関と連携した医療の提供を行っています。年間約1,300人のがん患者さんに対し、日本でもトップレベルにある治療を行っており、高いレベルの診療を学ぶことができます。

職員はチームとして一体感があり、各診療科の垣根も低いために他科の先生にも相談しやすく、まさに理想的な研修環境といえるでしょう。

新たに社会人となられる皆さんと、当院でともに働くことを楽しみにしております。

臨床研修科主任部長 西原 礼介