ホームがん(癌)についてがんゲノム医療

がん(癌)について

がんゲノム医療

がんゲノム医療とは

 がんは、正常な細胞の遺伝子が変異し,その変異した遺伝子が増殖して発症します。遺伝子の変異は、先祖から受け継ぐ遺伝が原因となる先天的な要因や、生活習慣、喫煙等が原因となる後天的な要因により、発生します。

 現在では、患者さんの体からがん組織を採取し、その遺伝子を調べることによって、そのがんの特徴を知ることができるようになりました。そして、同じがんの種類であっても、患者さんごとに発生する遺伝子の変異は異なることが分かっています。

 患者さんごとに異なる遺伝子の変異を調べて、それぞれの患者さんに適した医療を提供するというのが、がんゲノム医療です。

遺伝子パネル検査について

 患者さんごとに異なるがん遺伝子の変異を明らかにするために、複数の遺伝子変異が同時に検出可能な次世代シークエンサーという機器を用いて遺伝子の解析を行います。この遺伝子パネル検査の結果を用いて特有の遺伝子の変化が見つかった場合、その変化に対応して、より効果的な治療が行える可能性があります。

 当院では、保険診療による遺伝子パネル検査を実施することが可能です。

※患者さんからの直接予約は受け付けておりません。

保険診療による遺伝子パネル検査の対象となる方

 次のいずれかの患者さんで、遺伝子パネル検査実施後に化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断した方

  1. 標準治療がない固形がん
  2. 標準治療が終了となった固形がん(終了が見込まれる方を含む)

※保険診療による遺伝子パネル検査の対象とならない方でも、自費診療による遺伝子パネル検査を実施できる場合があります。

検査の流れ(保険診療)

  1. 受診・検査説明
    担当医師と看護師が検査の説明を行います。
  2. 同意・採血
    検査を希望するかどうかを確認させていただきます。 検査の種類によっては、同意後に、採血が必要となります。
  3. 検査費用の支払い(検体提出後)
    「検査の費用」の項目をご確認ください。
  4. 検査機関による検査の実施
    検体の遺伝子解析を行います。
  5. 検査結果を説明
    担当医師が検査結果の説明を行います。
  6. 検査費用の支払い(結果説明時)
    「検査の費用」の項目をご確認ください。

受診方法

  • ●当院でがん診療を受けている患者さん
    直接当院の主治医にご相談ください。
  • ●当院でがん診療を受けていない患者さん
    現在治療中の医療機関から当院の地域連携室へ「患者紹介状(診療情報提供書)」のFAXをお願い致します。(患者さんからの直接予約は受け付けておりません。)

検査の費用

現在、当院で実施できる遺伝子パネル検査は、次の通りです。

【保険診療】(医療負担が3割負担の場合)
●NCCオンコパネル 168,000円(検体提出後24,000円、結果説明時144,000円)
●FoundationOne CDx 168,000円(検体提出後24,000円、結果説明時144,000円)
●FoundationOne Liquid CDx 168,000円(検体提出後24,000円、結果説明時144,000円)

注意事項

【保険診療】
  • ●検査費用については、検体提出後に24,000円、結果説明時に144,000円をそれぞれお支払いいただきます。(3割負担の場合)
  • ●解析に用いた検体の品質によっては、検査結果が得られない場合があります。その場合でも、検体提出後の費用24,000円(3割負担の場合)は返却されません。
  • ●高額療養費制度の対象になるので、限度額適用認定証の提示により、窓口負担が軽減される可能性があります。
  • ●当検査を実施しても、治療において有用な情報を何も得られない可能性があります。
  • ●検査結果の返却までに1~2か月を要します。

よくあるご質問

Q1.遺伝子パネル検査をすると、治療にどう役立つでしょうか?

A.遺伝子の変異が発見された場合は、その遺伝子の変異に対応した抗がん薬での治療が検討できます。しかし、検査の結果、遺伝子の変異が発見できなかった場合や、遺伝子の変異があってもそれに特化した抗がん薬がない場合も考えられます。また、当検査で見つかる薬剤の中には、国内では未承認で臨床研究中の薬剤や保険適応外の薬剤が含まれます。

Q2.保険診療で承認された遺伝子パネル検査はありますか?

A.令和3年10月1日現在、NCCオンコパネル及びFoundationOne CDx・FoundationOne Liquid CDxが保険診療で承認されています。いずれの検査も、当院での実施が可能です。

Q3.私は、保険診療で承認された遺伝子パネル検査を受けられますか?

A.保険診療で承認された遺伝子パネル検査(NCCオンコパネル及びFoundationOne CDx)の対象となるのは、次の患者さんです。
標準治療がない固形がん患者さん、又は標準治療が終了となった固形がん患者さん(終了が見込まれる患者さんを含む)で、検査実施後に化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断した患者さん。

Q4.何を使って検査するのですか?

A.【FoudationOne CDx】
使用する検体は、通常行われているがん検査や手術の検体の残りを利用します。
そのため、検査については、別途検体を採取する必要がないため、患者への副作用等のリスクはありません。
【NCCオンコパネル】
通常行われているがん検査や手術の検体の残りに加えて、血液検体が必要となります。そのため、検査実施に同意後、採血をします。

Q5.遺伝子パネル検査の結果は、どのくらいの期間でわかるのでしょうか?

A.通常、検査結果は、1~2か月後にお伝えできます。

Q6.遺伝子パネル検査を行うと、家族性腫瘍の可能性がわかるのでしょうか?

A.この検査はがんの組織で起こった遺伝子の変異を調べる検査ですが、検査の性質上、生まれつきがんになり易い体質であることが分かる場合があります。このような体質は遺伝するので、遺伝性腫瘍症候群と呼ばれています。あなたがこのような体質であることが分かった場合は、ご両親やお子さんを含む血縁者も同じ体質を受け継いでいる可能性があります。そのため、遺伝性腫瘍症候群かどうかの結果の告知を受けるかどうかについては、ご家族と相談のうえ決めてください。
不安に思われる場合は、専門医等適切な者からの遺伝カウンセリングを利用することができますので、担当医師にご相談ください。

お問い合わせ先
がん相談支援センター
TEL(0829)36-3270